バズベイト

バズベイトの使い方についてのページです。

バズベイトとは

↓これです
バズベイトの画像

バズベイトの使い方

バズベイトはプロペラを水面で回し、水をバシャバシャさせると同時にプロペラの金属音を出しながら泳ぎます。
擬音語で表すと「ジョロロロロロロロロ」の中に「シャリシャリシャリシャリ」が混ざった音、という表現が一番近いでしょうか。
音でアピールするトップウォーターなので、雨が降っているときや、バスが浮いていて且つ濁りが強いときのように周りの音よりも目立たせたい状況の時に使うと効果的です。 大きな音が広い範囲からバスを引き寄せます。

プロペラがプラスチックでできているものもあり、そちらは「音」の観点から金属製のものよりもおとなしい傾向があります。

また、クラッカータイプといって、一枚の金属製板をわざとプロペラにぶつかる位置に取り付けて音量を増大させるタイプのバズベイトもあります。

ボディからフックにかけてはスピナーベイトと同じような作りになっているため根がかりが非常に少ないのも特徴です。 水面ぎりぎりまで生えているウィードの上を泳がせたり、水中から伸びる立ち木の幹や枝の隙間を泳がせることができます。

バスはトップウォーターへのアタックが苦手です(うまく食べられないことが多々あります)。 バズベイトはトップウォーターであり且つシングルフックであるという点でフッキングに失敗する可能性の高いルアーです。 フックアップの確率を高めるために、トレーラーフックを使用することをおすすめします。

バズベイトをオーバーハングの下に潜り込ませたいという場面に遭遇することもあると思います。 そのような時は、トレーラーとしてグラブのボディのように太めのワームをセットしてあげるとスキッピングがしやすくなります。

トップウォーターについて

バズベイトに限らず、トップウォーターはバスが水面を意識している時に有効です。雨などで湿度が高いと虫が低い位置を飛ぶようになり、それを捕食するためにフナなどの魚が水面へ集まります。そしてその水面付近に集まる魚を食べるためにバスが水面を意識します。これが梅雨や雨の日にトップウォーターが有効といわれているゆえんです。



バス釣り講座トップへこのページのトップへ
※前のページへ戻る時はブラウザの戻るボタンをお使いください。

バス釣りおみくじ

バスフィッシング入門

ブラックバスの生態
ブラックバスの生態(マニア編)
ロッド(竿)リールライン(糸)結び方
キャスティング(投げ方)
ストラクチャー(障害物)
ルアーの使い方リグ(仕掛け)
アタリとアワセ
よくある質問

季節ごとの釣り方

バスの釣り方総論
(春) 前期中期後期春に釣れるルアー
(夏) フローター夏に釣れるルアー
(秋) タ-ンオ-バ-秋に釣れるルアー
(冬) 釣り場チェック冬に釣れるルアー

ブラックバスを釣るコツ

Part1Part2Part3

みんなで作るバス釣り講座

Part1
バス釣りテクニックを募集中!

お役立ちツール

用語集単位換算ブラックバス問題
天気予報掲示板

サイト内検索

管理人のブログ

バス釣り講座 管理人のつぶやき