ブラックバスの生態・習性(マニア編)2

コクチバスはオオクチバスよりも水流・水温に対する適応能力がある

オオクチバスよりもコクチバスの方が流水適応能力と低水温適応能力が高いそうです。 というのは皆さん周知だとは思いますが、これはつまり、日本の渓流域にコクチバスが侵入すると渓流域の生態系の変化が懸念されるということを示しています。 たしかにこれはよく注意しておく必要があると思います。
ブラックバスの運搬・放流は法律で禁止されています(懲役や罰金の対象です)。 ブラックバスを持ち出さない、持ち込まない。これだけは絶対に守っていただきたいと思います。
バランスが崩れ生態系が壊れるということは、バスにとっても死滅を意味します。 日本の生態系を守るという観点と、バスを守るという観点、この両方の観点から、バスの持ち出し・運搬・放流は絶対にやめて頂きたいと改めて強調します。
(参考文献)
中村 智幸, 片野 修, 山本 祥一郎; “コクチバスとオオクチバスの成長における流水と水温の影響”, 日本水産学会誌, Vol.70, pp.745-749 (2004)

ブラックバスの遊泳能力−持久力より瞬発力−

オオクチバスは3.29±0.92 TL/sec 以上の水流では遊泳の持続が不可能である一方、 キンギョを餌として与えてみると最高遊泳速度・加速度はそれぞれ5.8 TL/sec、8.5m/sec^2に達したそうです。 持久力よりも瞬発力に長けるバスの遊泳能力は、待ち伏せ型の捕食行動をするオオクチバスの特徴をよく示しています。
Mitsunaga Yasushi, Shimizu Takashi, Suzuki Katsuya, Yamane Takeshi. Convenient Analysis of Swimming Mechanism of Largemouth Bass Using Digital Video Cameras. Fisheries engineering; Vol.41, No.3, pp.245-250

関連ページ

ブラックバスの生態(マニア編)トップページ



バス釣り講座トップへこのページのトップへ
※前のページへ戻る時はブラウザの戻るボタンをお使いください。

バス釣りおみくじ

バスフィッシング入門

ブラックバスの生態
ブラックバスの生態(マニア編)
ロッド(竿)リールライン(糸)結び方
キャスティング(投げ方)
ストラクチャー(障害物)
ルアーの使い方リグ(仕掛け)
アタリとアワセ
よくある質問

季節ごとの釣り方

バスの釣り方総論
(春) 前期中期後期春に釣れるルアー
(夏) フローター夏に釣れるルアー
(秋) タ-ンオ-バ-秋に釣れるルアー
(冬) 釣り場チェック冬に釣れるルアー

ブラックバスを釣るコツ

Part1Part2Part3

みんなで作るバス釣り講座

Part1
バス釣りテクニックを募集中!

お役立ちツール

用語集単位換算ブラックバス問題
天気予報掲示板

サイト内検索

管理人のブログ

バス釣り講座 管理人のつぶやき