ラインを巻き換えるタイミング

ラインが相当に傷んできたら換えます。たとえば、表面が白くザラザラしているとか、しなやかさがなくなったとか、実際に結んでみて引っ張ったら簡単に切れてしまったとか、釣行前に必ずラインの状態をチェックしてこのような症状があれば必ず巻き換えています。何回ごととか何ヶ月ごとということではなく、ラインの状態をみて判断しています。理想は釣行毎に巻きかえることなのですが、それなりのライン(100mで3000円など)を使っていれば一回の釣行でズタズタに傷むということはないと思います。

また、できるだけラインに負担のかからない釣り方をすると寿命が延びてくれます。たとえば夏はラインとガイドの間の摩擦でラインが傷みやすくなります。したがって、釣り始めはルアーを投げる前にスプールのラインを水でしめらせておきます。ルアーをリトリーブするときも、ラインが乾燥しているなと感じたらリトリーブしながらロッドの先端を水中に潜らせてラインを水に浸します。レーサーがタイヤを冷やすためにコース上の湿った部分をわざと走行するような感覚です。



バス釣り講座トップへこのページのトップへ
※前のページへ戻る時はブラウザの戻るボタンをお使いください。

バス釣りおみくじ

バスフィッシング入門

ブラックバスの生態
ブラックバスの生態(マニア編)
ロッド(竿)リールライン(糸)結び方
キャスティング(投げ方)
ストラクチャー(障害物)
ルアーの使い方リグ(仕掛け)
アタリとアワセ
よくある質問

季節ごとの釣り方

バスの釣り方総論
(春) 前期中期後期春に釣れるルアー
(夏) フローター夏に釣れるルアー
(秋) タ-ンオ-バ-秋に釣れるルアー
(冬) 釣り場チェック冬に釣れるルアー

ブラックバスを釣るコツ

Part1Part2Part3

みんなで作るバス釣り講座

Part1
バス釣りテクニックを募集中!

お役立ちツール

用語集単位換算ブラックバス問題
天気予報掲示板

サイト内検索

管理人のブログ

バス釣り講座 管理人のつぶやき