オカッパリで持っていくルアーの数

野池のような小さな釣り場と霞ヶ浦のような大きな湖では使うルアーも若干異なってきますが、どちらに行くにせよこれはもって行ったほうが良いというものはあります。

スピナーベイト

オールマイティーなルアーです。フォーリング用にシングルコロラド、スイミング用にタンデムウィローがあれば大体は事足りますが、クリアウォーターではダブルウィローを使うとフラッシングでバスの視覚に訴えることができ効果的です。マッディレイクでいつもより濁りが強い時には、振動が激しいシングルコロラドのスイミングが有効です。
野池なら1/4〜3/8ozのもの、霞ヶ浦など大きなフィールドでは3/8〜1/2ozのものが使いやすいと思います。

クランクベイト

深度別に持っていると便利です。シャロークランクは表層や超シャローで有効です。1m程度潜るものは水深50〜80cmのシャローのボトムノックで使います。2m程度潜るものは水深1.5m前後のボトムノックで使います。
なお、管理人は潜行深度が30cm、1m、1.5m、2m、2.5m、3mのものを持って行きます。

スピナー、スプーン

秘密兵器です(  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)ヒソヒソ
ただ巻きただ巻き( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

ラバージグ

ミニラバと呼ばれる小さなラバージグがよく釣れます(特に野池で効果絶大です)。トレーラーには3in程度の小さなワームを取り付けます。スイミングさせてもよし、ボトムバンピングもよし、フォーリングもよし。着水時やフォール中のバイトに注意してください。
一方、アシの中に放り込んだり、水深のある場所を攻めるなら重めのラバージグを使用する必要があります。
両方のラバージグを持っていくのが良いと思います。

ソフトルアー

ストレートワームでのノーシンカージャークやワッキースタイルで実績が高いです。

これだけは持って行きたい

最低限スピナーベイトとソフトルアーがあればなんとか釣りになります。
根がかりロストを考慮して各種2つ以上揃えた方が無難です。



バス釣り講座トップへこのページのトップへ
※前のページへ戻る時はブラウザの戻るボタンをお使いください。

バス釣りおみくじ

バスフィッシング入門

ブラックバスの生態
ブラックバスの生態(マニア編)
ロッド(竿)リールライン(糸)結び方
キャスティング(投げ方)
ストラクチャー(障害物)
ルアーの使い方リグ(仕掛け)
アタリとアワセ
よくある質問

季節ごとの釣り方

バスの釣り方総論
(春) 前期中期後期春に釣れるルアー
(夏) フローター夏に釣れるルアー
(秋) タ-ンオ-バ-秋に釣れるルアー
(冬) 釣り場チェック冬に釣れるルアー

ブラックバスを釣るコツ

Part1Part2Part3

みんなで作るバス釣り講座

Part1
バス釣りテクニックを募集中!

お役立ちツール

用語集単位換算ブラックバス問題
天気予報掲示板

サイト内検索

管理人のブログ

バス釣り講座 管理人のつぶやき