ラインは何ポンドを使えばよいか?

スピニングタックルには8〜12lb、ベイトタックルには12〜16lbが扱いやすいと思います。バスの口にルアーを残したり根がかりによって水中にルアーを残してしまうことを避けるため、太目のラインを使っていただきたいと思っております。

質問内容とはすこしずれますが、摩擦に強いラインを使用することをオススメします。バス釣りはルアーを投げ続けるためラインがガイドとこすれて傷みやすいからです。最近は摩擦に強いラインがたくさん出ているので、「耐摩耗性」のような表記がされているラインをお勧めします。ラインに出すお金をしぶると、、一日もしないうちにラインがズタズタになると思います(特に夏)。ラインが痛めば当然切れやすくなり、キャストした時にプチッ、バスがかかったときにプチッ、根がかりしたときにプチッと、良いことは一つもありませんので、ラインにはお金をかけたほうがよいと思います。50〜100m巻きで2000〜3000円くらいしますが、それ相応の価値があります。



バス釣り講座トップへこのページのトップへ
※前のページへ戻る時はブラウザの戻るボタンをお使いください。

バス釣りおみくじ

バスフィッシング入門

ブラックバスの生態
ブラックバスの生態(マニア編)
ロッド(竿)リールライン(糸)結び方
キャスティング(投げ方)
ストラクチャー(障害物)
ルアーの使い方リグ(仕掛け)
アタリとアワセ
よくある質問

季節ごとの釣り方

バスの釣り方総論
(春) 前期中期後期春に釣れるルアー
(夏) フローター夏に釣れるルアー
(秋) タ-ンオ-バ-秋に釣れるルアー
(冬) 釣り場チェック冬に釣れるルアー

ブラックバスを釣るコツ

Part1Part2Part3

みんなで作るバス釣り講座

Part1
バス釣りテクニックを募集中!

お役立ちツール

用語集単位換算ブラックバス問題
天気予報掲示板

サイト内検索

管理人のブログ

バス釣り講座 管理人のつぶやき