ライン(糸)

バス釣り(バスフィッシング)では釣り糸のことをラインと呼びます。

ラインの素材

昔からの主流であるナイロンの他に、フロロカーボンPEがあります。
最も安価で扱いやすいのはナイロンです。

ラインの太さ・強さ

エサ釣りでは釣り糸の太さ・強さを「3号」のように太さで表しますが、ルアーフィッシングでは強度で表記します
この強度ポンドテスト(lb)という単位で表現します。パッケージに16lbと書かれていれば、そのラインは16lbの力で引っ張ったときに切れるということを意味します。
ベイトリールには12〜16lb、スピニングリールには12lb前後のものが使いやすいです。
ちなみに、2011年現在、管理人はベイトリールには20lbのナイロンライン、スピニングリールには12lbのナイロンラインを主に巻いています。
なお、1ポンド≒0.454kgです。

ラインの耐摩耗性

ルアーフィッシングは投げては巻くという動作の繰り返しなので、ラインがガイド(ロッドについている輪でラインを通す部分)と擦れてすぐに痛みます。したがって、耐摩耗性に力をいれているラインを選ぶのが得策です。
パッケージに「耐摩耗性」のような表記をされているものを選んでください。



バス釣り講座トップへこのページのトップへ
※前のページへ戻る時はブラウザの戻るボタンをお使いください。

バス釣りおみくじ

バスフィッシング入門

ブラックバスの生態
ブラックバスの生態(マニア編)
ロッド(竿)リールライン(糸)結び方
キャスティング(投げ方)
ストラクチャー(障害物)
ルアーの使い方リグ(仕掛け)
アタリとアワセ
よくある質問

季節ごとの釣り方

バスの釣り方総論
(春) 前期中期後期春に釣れるルアー
(夏) フローター夏に釣れるルアー
(秋) タ-ンオ-バ-秋に釣れるルアー
(冬) 釣り場チェック冬に釣れるルアー

ブラックバスを釣るコツ

Part1Part2Part3

みんなで作るバス釣り講座

Part1
バス釣りテクニックを募集中!

お役立ちツール

用語集単位換算ブラックバス問題
天気予報掲示板

サイト内検索

管理人のブログ

バス釣り講座 管理人のつぶやき