ミノー

ミノーの使い方についてのページです。

ミノーとは

上がミノー、下がダイビングミノーです。
ミノーの画像 

ミノーの使い方

タダ巻き

ただ巻いてくるだけですが、これだけでも十分に釣れます。

ジャーキング、トゥイッチング

ロッドを下向きにして、たるませた糸をビシッビシッと弾くような動作を繰り返しながら巻き、魚がヒラを打ちながら逃げ惑う様子を演出できます。目に訴えるアクションなので、クリアウォーターやステインウォーター、あるいは普段よりも水が澄んだときが効果的です。バスが食性でルアーを追っているときはもちろんですが、リアクションで飛びつかせる効果もあります。一回のロッドワークで動く距離が大きい(30〜50cm)のがジャーキング、ジャーキングよりも動く距離が少ない(15cm)のがトゥイッチングです。
連続してジャークする方法の他、3段引き、5段引きなどもあり、これらを組み合わせることもあります。いろいろなリズムを織り交ぜながらそのときの最善のアクションを探ります。

リッピング

ロッドを下向きにあおってルアーを一気に1mくらい引っ張り、ラインスラッグをとったらまた同じように1mくらい引っ張る、という動作を繰り返します。バスがルアーを追っかけたくなるような引っ張り方ができるかどうかがポイントです。引っ張るごとにルアーをしっかり止めて、静と動のメリハリをつけましょう。

ステイ

サスペンドタイプを使います。春先や活性の低いときに使える方法です。ルアーを動かして誘いをかけたら30秒〜1分ほど止め、アタリがなければまた誘いをかけて同じように止めます。止めているときや動かし始めにアタリがきます。
これもバスがルアーを目で確認できないと意味がないので、水がきれいなところで最大の効果を発揮します。マッディーウォーターではルアーが止まってしまうと音や振動がなくなるのでバスがルアーを見失う可能性があります。
ミノーは非常に繊細なルアーで、ボディーとフックをつなぐスプリットリングのサイズを変えるだけでサスペンドになったりシンキングになったりするものもあります。ここではわずかにゆっくりと浮いてくるようなセッティングにします。スプリットリングやフックの大きさを変えてみたり、お腹に板オモリを張ってみたり、フックに糸オモリを巻いてみたり、いろいろと工夫しながらゆっくり浮く状態に微調整してください。このとき、浮力が水の温度によって変わることに注意してください。

ダイビングミノー(ロングビルミノー)

ボディーはミノーだが、リップがクランクベイトのように大きいため深くもぐるミノーのことをダイビングミノー(ロングビルミノー)といいます。クランクベイトのようにボトムノックさせるのが基本的な使い方です。クランクベイトがバタバタと激しく泳ぐのに対し、ダイビングミノーはヌルヌル・スルスル・ブルブルとナチュラルに泳ぎます。したがって、クランクベイトではアピールが強すぎると思った時にダイビングミノーを使うことがあります。また、クランクベイトはボディーにボリュームがあるので浮力が大きくリトリーブを止めるとすぐに浮いてきてしまいますが、ダイビングミノーはスリムなので浮力はクランクベイトほど大きくなく、またサスペンドに調節することも可能なため、ボトムをゆっくり狙いたいときに便利です。
お尻に板オモリを貼ってケツ下がりの姿勢にさせることで、ルアーがバランスを崩した時のバイトを狙う方法もあります。



バス釣り講座トップへこのページのトップへ
※前のページへ戻る時はブラウザの戻るボタンをお使いください。

バス釣りおみくじ

バスフィッシング入門

ブラックバスの生態
ブラックバスの生態(マニア編)
ロッド(竿)リールライン(糸)結び方
キャスティング(投げ方)
ストラクチャー(障害物)
ルアーの使い方リグ(仕掛け)
アタリとアワセ
よくある質問

季節ごとの釣り方

バスの釣り方総論
(春) 前期中期後期春に釣れるルアー
(夏) フローター夏に釣れるルアー
(秋) タ-ンオ-バ-秋に釣れるルアー
(冬) 釣り場チェック冬に釣れるルアー

ブラックバスを釣るコツ

Part1Part2Part3

みんなで作るバス釣り講座

Part1
バス釣りテクニックを募集中!

お役立ちツール

用語集単位換算ブラックバス問題
天気予報掲示板

サイト内検索

管理人のブログ

バス釣り講座 管理人のつぶやき