ポッパー

ポッパーの使い方についてのページです。

ポッパーとは

↓これです
ポッパーの画像

ポッパーの使い方

チョンとアクションを加えると、大きな口に含んだ空気を水面で破裂させて「ポコン」という音を出すのが特徴です。 お風呂などで経験がある方が多いと思いますが、空気の玉が水面で破裂する時に出る「ポコン」という音、あの音を出すことができるルアーです。 この音でバスにアピールします。 このポコンという音を出すためには、一回一回のロッドアクションをゆっくりやるのがコツです。

また、一回一回のロッドアクションを速めにすると、カップ部分で空気を捉えきれずに、パシャッと水しぶきを上げることができます。

ポッパーを使う時には、この「ポコン」と「パシャッ」を織り交ぜながらバスを誘います。

音で誘えるうえ、移動距離が少ないルアーなので、水深のある場所でも効果的です。 下の方からバスが突き上げてくる光景は圧巻です。

どんなリズムで動かすと良いのかはその時々によるので、いろいろと試しながらその日に適したリズムを探りながら釣りをします。 ポーズをとることが大切な場合もありますし、リズミカルに動かしてあげた方が食いが良いときもあります。 活性が高いときはテンポよく動かし、低いときはバスの動きに合わせてあげるくらいの気持ちでポーズを織り交ぜてあげると効果的だと思います。

なお、ポッパーを水に浮かせたときの水面との角度について、角度が大きい(立つように浮く)ものは「ポコン」という音を出しやすく、 角度が小さいものは「パシャッ」という水しぶきを上げやすいという特徴があります。 また、角度が小さいものは首振りアクションをしやすく、動きで誘うこともできます。 これらを覚えておくと、ポッパーの世界が広がって、トップウォーターフィッシングがより楽しくなると思います。

トップウォーターについて

ポッパーに限らず、トップウォーターはバスが水面を意識している時に有効です。 雨などで湿度が高いと虫が低い位置を飛ぶようになり、それを捕食するためにフナなどの魚が水面へ集まります。 そしてその水面付近に集まる魚を食べるためにバスが水面を意識します。 これが梅雨や雨の日にトップウォーターが有効といわれているゆえんです。



バス釣り講座トップへこのページのトップへ
※前のページへ戻る時はブラウザの戻るボタンをお使いください。

バス釣りおみくじ

バスフィッシング入門

ブラックバスの生態
ブラックバスの生態(マニア編)
ロッド(竿)リールライン(糸)結び方
キャスティング(投げ方)
ストラクチャー(障害物)
ルアーの使い方リグ(仕掛け)
アタリとアワセ
よくある質問

季節ごとの釣り方

バスの釣り方総論
(春) 前期中期後期春に釣れるルアー
(夏) フローター夏に釣れるルアー
(秋) タ-ンオ-バ-秋に釣れるルアー
(冬) 釣り場チェック冬に釣れるルアー

ブラックバスを釣るコツ

Part1Part2Part3

みんなで作るバス釣り講座

Part1
バス釣りテクニックを募集中!

お役立ちツール

用語集単位換算ブラックバス問題
天気予報掲示板

サイト内検索

管理人のブログ

バス釣り講座 管理人のつぶやき