スウィッシャー(スイッシャー)

スウィッシャー(スイッシャー)の使い方についてのページです。

スウィッシャー(スイッシャー)とは

↓これです
スウィッシャーの画像
スイッシャーには、前後にプロペラがついた「ダブルスイッシャー」と、前だけ、あるいは後ろだけにプロペラがついた「シングルスイッシャー」があります。 写真はダブルスイッシャーです。

スウィッシャー(スイッシャー)の使い方

写真を見てわかるように、プロペラがついています。 ロッドでアクションを加えるとプロペラが水を掻きながら前進します。 この時にプロペラが出す音や飛び跳ねた水の音によってバスにアピールします。

ストップアンドゴー

着水後、バスがルアーに気付いてルアーにいつでもアタックできる体制をとれるだけのポーズを入れたあと、短く“ジャッ”っとジャークします。 このワンジャークで喰ってくることがあります。 それでも喰わなければ、もう一回“ジャッ”とジャークします。 このジャークとポーズの繰り返しです。 ポーズの時間やリズムは、その時々によって有効なものを見つけながら釣りをします。 ダブルスイッシャーを使用してください。

ロングストロークジャーキング

着水後、1mくらいずつ「ジャーッ、ジャーッ、ジャーッ」とジャークします。 ウィードの周りをサスペンドしているバスを広範囲に狙う時などに有効です。 ダブルスイッシャーを使用してください。

リップアンドシェイク

狙いたいポイントの1mくらい先に着水させ、ポイントまで“ジャーッ”っとリッピングします。 これでバスがルアーに気付くので、そこでロッドをシェイクさせてルアーを細かく揺らします。 水深のあるカバーをピンポイントで狙う時に有効です。 ダブルスイッシャーを使用してください。

ショートストロークトゥイッチング

シングルスイッシャーを使用し、首振りアクションでピンポイントを狙います。

トップウォーターについて

スウィッシャーに限らず、トップウォーターはバスが水面を意識している時に有効です。 雨などで湿度が高いと虫が低い位置を飛ぶようになり、それを捕食するためにフナなどの魚が水面へ集まります。 そしてその水面付近に集まる魚を食べるためにバスが水面を意識します。 これが梅雨や雨の日にトップウォーターが有効といわれているゆえんです。



バス釣り講座トップへこのページのトップへ
※前のページへ戻る時はブラウザの戻るボタンをお使いください。

バス釣りおみくじ

バスフィッシング入門

ブラックバスの生態
ブラックバスの生態(マニア編)
ロッド(竿)リールライン(糸)結び方
キャスティング(投げ方)
ストラクチャー(障害物)
ルアーの使い方リグ(仕掛け)
アタリとアワセ
よくある質問

季節ごとの釣り方

バスの釣り方総論
(春) 前期中期後期春に釣れるルアー
(夏) フローター夏に釣れるルアー
(秋) タ-ンオ-バ-秋に釣れるルアー
(冬) 釣り場チェック冬に釣れるルアー

ブラックバスを釣るコツ

Part1Part2Part3

みんなで作るバス釣り講座

Part1
バス釣りテクニックを募集中!

お役立ちツール

用語集単位換算ブラックバス問題
天気予報掲示板

サイト内検索

管理人のブログ

バス釣り講座 管理人のつぶやき