秋のバス釣り−秋バスの釣り方

暑い暑い夏が終わり涼しい秋がやってくると、人もバスも活発に動くようになります。 “食欲の秋”とはバスにも当てはまることで、秋になるとバスは空腹を満たすために活発にベイトを追うようになります。 したがって、バスがいるところにルアーを投げれば、それだけで釣れてしまうといっても過言ではありません。 このページはそんな秋のバス釣りについてのお話です。
秋はバスフィッシングにとってゴールデンシーズン。この機会を逃してはいけません。

食欲の秋−秋バスはベイトを追う

先述のように、人間同様バスも秋になると食欲が増します。 さらに、涼しいので動きやすくなります。 バスだけでなくバスのエサとなるベイトも食欲が増し、プランクトンなどを求めて泳ぎ回ります。 ベイトが泳ぎ回って、それについてバスも移動する。水の中はおっかけっこ状態です。

ここで気付くことがあります。 夏バスの釣り方を思い出してください。 夏はバスの居場所が特定しやすく釣るべき場所が絞りやすかったわけですが、秋はバスが動き回るためバスの居場所を特定しにくくなります。

これが釣りにどう影響するかと言うと、夏は日陰や流れ込みなどピンポイントを打っていくという釣り方をしたわけですが、 バスが方々に散る秋はとにかく投げて投げていかに広い範囲を釣るかということがポイントになってきます。

よって秋は、カバーやストラクチャーを見つけたら手当たり次第にファストムービング系のルアー(バイブレーション、スピナーベイト、ミノー、クランクベイトなど)を投げることで数釣りができるようになります。
秋のバスフィッシングは機動力がカギです。

もちろん、先に述べたようにバスはベイトフィッシュを追い回していますから、ベイトフィッシュが集まりそうな、あるいは回遊しそうな場所を探して釣り歩くことができればなお良いでしょう。

このとき、キャストに正確性を持たせる必要性は夏や冬よりも低くなります。 多少離れたところをルアーが泳いでも、活性の高い秋バスはちゃんと追いかけてくれます。 手返しの良い釣りが最高に生きてくるのが秋のバス釣りです。

晩秋のバス釣りはターンオーバーに注意

気温がどんどん下がる晩秋に起こるターンオーバー。 水面の温度が冷やされ表層の水が沈み低層の水(悪水)が浮き上がることで、フィールドの水質が悪化し、魚の活性がガクンと落ちます。 詳細は秋のターンオーバーに記載しましたが、ターンオーバーが起きたときはとにかく水の良い場所を探すことが大切です。

秋はバスの居場所が特定しにくいというお話をしましたが、ターンオーバーが起こってしまった場合は話が違ってきます。 バスが避難している場所(あるいは元気なバスがいる場所)を探す釣り方が中心になります。 バスの活性は悪いですが、“探す釣り”というバスフィッシングのゲーム性が強い釣りになりますので、ターンオーバーだからといって落ち込まずに、逆にそれをたのしんでしまいましょう。

ターンオーバーが起こったフィールドでの釣り方はこちらをご覧ください。

台風とバスフィッシング

台風がくると水がかき回されて低層の悪い水が充満し、ターンオーバーと同じようにバスが低活性になることがあります。
対策はターンオーバーに準じます。

最後に

最後に、秋は春同様、魚の活性が高いので初心者にとっても釣りやすい季節です。 先述のようにキャストに正確性を強く求める必要性が低いため、まだキャストに慣れていない人でも「ルアーを巻いてたら釣れちゃった(゚∀゚)」といういわゆるビギナーズラックを狙いやすい季節です。 秋はバスフィッシングを始める絶好の季節。
友人や恋人を釣りに誘って、秋のバス釣りを楽しみましょう。

関連ページ

秋に釣れるルアー / 秋のターンオーバー(フォールターンオーバー)



バス釣り講座トップへこのページのトップへ
※前のページへ戻る時はブラウザの戻るボタンをお使いください。

バス釣りおみくじ

バスフィッシング入門

ブラックバスの生態
ブラックバスの生態(マニア編)
ロッド(竿)リールライン(糸)結び方
キャスティング(投げ方)
ストラクチャー(障害物)
ルアーの使い方リグ(仕掛け)
アタリとアワセ
よくある質問

季節ごとの釣り方

バスの釣り方総論
(春) 前期中期後期春に釣れるルアー
(夏) フローター夏に釣れるルアー
(秋) タ-ンオ-バ-秋に釣れるルアー
(冬) 釣り場チェック冬に釣れるルアー

ブラックバスを釣るコツ

Part1Part2Part3

みんなで作るバス釣り講座

Part1
バス釣りテクニックを募集中!

お役立ちツール

用語集単位換算ブラックバス問題
天気予報掲示板

サイト内検索

管理人のブログ

バス釣り講座 管理人のつぶやき