春バスの釣り方(中期編)

水温が15℃以上で安定すると本格的なスポーニングシーズン到来となります。雄バスが雌バスを巣(ネスト)に呼び、産卵をします。

ネストは、水流が弱く砂地や岩盤のような硬い場所に作る傾向があるようです。水流があったり泥のように軟らかい底質だと産んだ卵に泥などが被さってしまい、卵がダメになってしまうからです。産卵が終わると雌バスは深場などの安全な場所に移動し、産卵で消耗した体力を回復させます。雄バスはネストに残り、ヒレで卵に酸素を送ったり外敵から卵を守ったりと、まだ孵らぬあるいは孵ったばかりの子供の世話をします。

子供を守る雄バスはネストの近くを通るものを外敵とみなし攻撃します。雄バスのこの行動を利用してネストの近くにルアーを通すという釣り方がありますが、ここではこの程度の紹介に留め、ネストを守るバスを釣るか釣らないかの判断はお任せします。

この時期すべてのバスが産卵をするわけではなく、スポーニングとは無縁のバスもいます。水温が暖かくなるこの時期、そのようなバスも果敢にルアーにアタックしてきますので、シャロー中心にミノーやスピナーベイトを巻いてみて下さい。小さなストラクチャーであれば、ダウンショットリグのようにルアーをサスペンドさせることができるようなリグでピンポイントに誘うのも有効です。


スポーニングのマニアックな話

ブラックバスの生態(マニア編)にて公開しています。

関連ページ

春(前期) / 春(後期) / 春に釣れるルアー



バス釣り講座トップへこのページのトップへ
※前のページへ戻る時はブラウザの戻るボタンをお使いください。

バス釣りおみくじ

バスフィッシング入門

ブラックバスの生態
ブラックバスの生態(マニア編)
ロッド(竿)リールライン(糸)結び方
キャスティング(投げ方)
ストラクチャー(障害物)
ルアーの使い方リグ(仕掛け)
アタリとアワセ
よくある質問

季節ごとの釣り方

バスの釣り方総論
(春) 前期中期後期春に釣れるルアー
(夏) フローター夏に釣れるルアー
(秋) タ-ンオ-バ-秋に釣れるルアー
(冬) 釣り場チェック冬に釣れるルアー

ブラックバスを釣るコツ

Part1Part2Part3

みんなで作るバス釣り講座

Part1
バス釣りテクニックを募集中!

お役立ちツール

用語集単位換算ブラックバス問題
天気予報掲示板

サイト内検索

管理人のブログ

バス釣り講座 管理人のつぶやき