夏バスの釣り方

夏は人間もバテますがバスもバテます。しかし、釣り方さえ間違えなければたくさん釣れる時期です。

夏バスの釣り方の前に基礎知識

まずは夏の水中の特徴をおさえましょう。
単純にいってしまうと、夏の水中は、
 ・暑い
 ・臭い
 ・酸素がない
という状態です。これらはすべて魚にとって悪条件です。したがって、魚はこれらを避けるように行動します。

まず“暑い”についてですが、魚は暑いところを避けるために涼しいところを探します。したがって、私達釣り人も少しでも涼しい場所を探して釣りをすることが求められます。

次に“臭い”ですが、夏は水が痛みやすいため魚は少しでも水の良い場所を求めます。

そして最後に“酸素がない”ですが、水温が上がると溶存酸素量(水中の酸素量)が減ります。したがって、魚たちは少しでも酸素の多いところへ行こうとします。

こう考えると、どこで釣りをすればよいのかが自ずと見えてきます。
そう、夏に狙うべきポイントは、
 1.涼しい場所
 2.水が良い場所
 3.酸素が豊富な場所

となります。

夏バスの釣り方−夏バスを釣るために注目するべきもの−

日陰

まず誰もが想像できるのがこの「日陰」です。日光が直接当たらない分、涼しくなっています。したがって、日が出ている時間帯はバスもこの日陰で休んでいます。日中は日陰中心に狙っていけばよいわけです。

では日陰になりそうな場所とは?そう、障害物があるところです。具体的には、杭、アシ、桟橋、ゴミ溜まり、大きな石、オーバーハングした場所などです。特にアシは酸素が豊富で水が良いことが多いためオススメです。

流れ込み

水が流れ込む場所は酸素が豊富で水も動いているため絶好のポイントです。特にキレイな良い水が流れ込む場所は最高です。小さな流れ込みであれば、ワームを投げてそのままにしておきます。水の流れでテールがヒラヒラするため、置いておくだけでバスにアピールできます。

意外と見落としがちなのがこの風です。風が吹くと水面の水が冷やされます。また、水面が波立てば溶存酸素量が増えます。さらに、ある程度の風が吹くとゴミが流されるため、風下にはゴミ溜まりができ、ここも良い釣り場となります。特に風下は、風で植物プランクトンが流され、それを動物プランクトンが追い、それを食べに小魚が集まり、さらにそれを狙うバスやナマズがやってきます。よって、風下はゴミだけでなく魚が集まる場所なのです。
ラバージグや少し重めのフロリダリグをゴミ溜まりの中に突っ込みましょう。バスを探しながら、落としては引き上げ落としては引き上げ、ということを繰り返します。

雨は水温を下げ水面の溶存酸素量を増やします。しかも気圧が低いため魚も動きやすい状態です。したがって、雨が降るとバスも水面を意識します。さらに、湿度があがることで虫が水面付近を飛ぶようになると、それを食べに小魚が水面へ集まり、それを狙ってバスが水面を意識します。水温・酸素・エサの3条件がバスを水面へひきつけます。よって、雨が降ったときはトップウォーターが効果的になることが多いです。

注意:雷が鳴り始めたらすぐに竿をしまって屋内に非難しましょう。

水が動くところ

水が動くところは水質が安定していることが多いです。同じブレイクを狙うにしても、水が止まってどよんとしているブレイクよりは水が動いているブレイクの方が魚はつきます。

アシの中

アシ周りは酸素が豊富で、日陰があり、水質も安定します。アシの際を狙うよりは、アシの中にぶち込んでしまったほうが釣れます。

夏のバス釣りの流れ

早朝

夏は早朝が一番釣れます。まだ日が昇らない、あるいは昇りはじめた時間帯から午前8時くらいまでが夏バスが釣れるゴールデンタイムです。日中は日陰などの涼しいところでじっとしているバスも、早朝の涼しい時間帯にはエサを求めて動き回ります。私がオススメする夏の早朝の釣り方は、スピナーベイトを撃ちまくるという方法です。日が昇るまでのわずかな時間が勝負ですから、アピールが強く、すばやく探れ、根掛かりの少ないスピナーベイトは非常に有効になります。また、トップウォーターが最も活躍するのは夏の早朝です。トップウォーターを試したいと思ったら夏の早朝は絶好のチャンスです。

午前中

日が昇り始めると水温も上がり、バスの動きは落ち着いてきます。暑さから逃れるためにバスは涼しいところへ移動します。バスはまだ動いている可能性が高いので障害物周りをスピナベなどのハードルアー中心にすばやく探っていきます。どこを攻めてもハードルアーでは食ってこないようならバスの動きが鈍くなっていると判断し、ソフトルアーに切り替えます。ソフトルアーはゆっくりとしたアクションをつけることができるため、動きの鈍い(やる気のない)バスにとっても食いやすくなります。

昼過ぎ

一日の中で最も暑い時間帯です。バスも涼しいところで休んでいます。暑くてバスの動きも鈍くなっているため、ルアーもゆっくりしたアクションをつけられるものを選びます。よって、日陰の中にソフトルアーを投げ込んでネチネチ誘うという釣り方が中心になります。曇りの日などはもう少しアクティブにスピナーベイトやミノーなどのハードルアーで攻めることもできます。

夕方

涼しくなってきてバスは再び動き出し、ルアーを追うようになります。夕方になると虫が動き出しますが、その時間帯にハードルアーに変えてみてください。ハードルアーの音と振動に誘われてバスが追いかけてきます。

夏のバス釣りの注意事項

注意1.夏はこまめに水分補給を!

炎天下で釣りをしていると大量の汗をかきます。キャストを繰り返すバスフィッシングはなおさらです。必ずペットボトルを持ち歩き喉が渇いたら飲む、空になったら新しく買う、ということを心がけてください。

※熱中症について
・症状
めまい、吐き気、脱力、痙攣(けいれん)、頭痛、意識障害など。(気分が悪くなったらヤバイと思ってください)
・対処
涼しいところに移動し、ベルトなどを緩めて安静にします。近くに冷房の効いた建物があるときは、そこを利用させてもらいましょう。涼しいところへ移動したら風を送って少しでも涼しくしてあげましょう。意識がはっきりしているならスポーツドリンクを飲ませてあげます。ただし、吐き気がある時や、意識が朦朧(もうろう)としている時は飲ませてはいけません(飲み物が胃ではなく気道に入ってしまう恐れがあります)。
・救急車を呼ぶべきか
意識が朦朧(もうろう)としていたり混乱している(質問に対する答えがおかしいなど)ような状態の時は救急車を呼びます(119番通報)。そこまではいかないまでも、自分で飲み物を飲めないような状態の時には医療機関へ連れて行ってあげます。もし、子供だけで釣りにでかけている時に友達が熱中症になってしまったら、近くにいる大人の人を呼んで手伝ってもらいましょう。熱中症は場合によっては死に至ります。こまめな水分補給を徹底し、気分が悪くなったらすぐに涼しいところへ移動して休みましょう。

注意2.夏の天気は変わりやすい

夏は夕立が降ったり雷が鳴り出したりと、天気が変わりやすい季節です。天気が悪くなったらすぐに釣りをやめて安全な場所に避難しましょう。特に雷が鳴り始めたらすぐにサオをしまって建物の中に非難してください。

注意3.夏は生き物がうじゃうじゃ

夏はたくさんの生き物が活動します。アリやチョウならかわいいものですが、ハチやヘビなども活動しており、場合によってはハチに刺されたりヘビに咬まれることもあります。夏でも長ズボンを履き、むやみに草むらの中に入っていくのは避けましょう。また、夏は蚊の猛攻に会います。必ず虫除けスプレーを吹きかけて出かけましょう。

サーモクライン(温度躍層)

サーモクライン(夏)を参照。



それでは、安全に気をつけて夏の釣りを思いっきり楽しみましょう!



バス釣り講座トップへこのページのトップへ
※前のページへ戻る時はブラウザの戻るボタンをお使いください。

バス釣りおみくじ

バスフィッシング入門

ブラックバスの生態
ブラックバスの生態(マニア編)
ロッド(竿)リールライン(糸)結び方
キャスティング(投げ方)
ストラクチャー(障害物)
ルアーの使い方リグ(仕掛け)
アタリとアワセ
よくある質問

季節ごとの釣り方

バスの釣り方総論
(春) 前期中期後期春に釣れるルアー
(夏) フローター夏に釣れるルアー
(秋) タ-ンオ-バ-秋に釣れるルアー
(冬) 釣り場チェック冬に釣れるルアー

ブラックバスを釣るコツ

Part1Part2Part3

みんなで作るバス釣り講座

Part1
バス釣りテクニックを募集中!

お役立ちツール

用語集単位換算ブラックバス問題
天気予報掲示板

サイト内検索

管理人のブログ

バス釣り講座 管理人のつぶやき