夏バスの釣り方−サーモクライン(温度躍層・水温躍層)

夏のバス釣りはサーモクライン(温度躍層・水温躍層)を攻めることで釣果を期待できます。
魚群探知機(魚探・デプスファインダー)が最高に力を発揮してくれます。

サーモクライン(温度躍層・水温躍層)とは

温度の高い水は温度の低い水よりも軽くなります(4℃で最高密度、それ以上では水温に比例して密度が低下)。 つまり、暖かい水は表層に、冷たい水は深層に集まります。(お風呂で経験したことがあると思うのでそれを想像してみてください)
夏は気温が高いため、表層の水温は深層の水温よりも高い状態を維持します。 よって夏の湖は表層が高温、深層が低温で安定します。 このように水温別に形成された層を水温成層といい、この状態が安定している時期(夏)を停滞期・成層安定期などとよびます。
対して、ターンオーバーのように表層と底層の間で水の混合が起こる時期を循環期とよびます。

夏の晴天時、太陽が直接照りつける水面付近の水温は30℃前後まで上がります。その一方で、太陽光の影響を受けにくい深層の水温は上がりません。 その結果、水面付近は30℃近い高温、深層はそれとは逆に低温のままという現象が起こります。 これを図示したのが下図です。
夏季のサーモクラインの図
水面付近は太陽によって熱せられていますが、ディープエリアは非常に低い温度になっています。 しかもその境界の温度差が非常に大きいのがわかると思います。 この温かい水と冷たい水の境界の層のことをサーモクライン(温度躍層・水温躍層)といいます。
水と油を混ぜた時のように、暖かい水と冷たい水がくっきりと分かれ、これがあるうちは上下二層の水は混ざり合いません。

ここでさらに、水温だけでなく溶存酸素量にも注目してみます。 水温の低い深層は太陽の光が届き難い場所です。つまりプランクトンによる光合成が行われにくいということです。 さらに、水温の高い表層は風の影響などで水がかき回されますが、深層は風の影響も受けないため酸素の供給が乏しくなっています。 さらにさらに、底層ではプランクトンや魚などの死骸を分解するために酸素が大量に消費されており、酸素の供給が少ないのみならず消費量も多くなっています。 (この水が晩秋に湧き上がるのがターンオーバーです)

つまり、サーモクラインよりもずっと下の層は酸素のない苦しい世界なわけです。

※余談1
霞ヶ浦は平均水深が4m(最深部で7m)ですが、このような浅いフィールドでは安定した成層は形成されず、その日その日で生成されては消える日成層というものができます。 つまり、晴れた夏の日中は表層が温かく底層は冷たいという状況(といっても1〜3℃のわずかな水温差ですが…)が作られても、気温の下がる夕方以降や風が吹いたときは水温躍層が消滅しこの水温差が無くなるというものです。 この日成層は湖水の流れに影響を与えています。
※余談2
琵琶湖では春に融雪水が北湖に流れ込みますが、この冷たい融雪水は北湖の底層を流れるため、北湖の底層の水を循環させる役割を担っています。
また、水深の浅い南湖は水深の深い北湖よりも水温が変化しやすく、冬季は南湖の水温が北湖よりも下がるため南湖の水が北湖の底層にもぐりこみ、 その分北湖の表層水が南湖へ流れ込み北湖と南湖の間で水の交流が起こります。
このように、湖の中では水温の差によって目には見えない動きが生じています。

サーモクライン(温度躍層・水温躍層)とバス釣りの関係

以上の内容から、バスは涼しくて酸素がちゃんとある場所、つまりサーモクラインに集まることが容易に理解できると思います。 もちろん、バスだけでなくバスのエサとなるベイトもこのサーモクラインを好んで集まります。 つまり、すごしやすい水温と豊富なベイトという、バスにとって魅力的な環境がこのサーモクラインにはあるということです。
バスの居場所を図にすると下図のようになります。(黄色はサーモクライン、赤丸はバスのいる場所)
夏季のサーモクラインの図

サーモクライン(温度躍層・水温躍層)にいるバスの釣り方

サーモクラインにいるバスを釣る方法は二通り。 縦の釣りと横の釣りです。

縦の釣り

岩盤などサーモクラインのレンジまで続く垂直なストラクチャーがあるときは、ストラクチャーに沿ってソフトルアーなどをフォールさせます。 もちろんカウントしてルアーがフォールしている水深を把握しながら落とします。 バスはサーモクラインにいるので、そのレンジを過ぎたらキャストしなおしてもう一度フォールさせます。 これを繰り返します。 バスがいればルアーがサーモクラインに達した時にバイトがあります。

横の釣り

サーモクラインとクロスするストラクチャー(ブレイク、スタンプ、立ち木、カケアガリなど)を見つけたら、サーモクラインに沿ってダウンショットなどのルアーを通します。
また、2m前後の比較的浅いレンジにサーモクラインがある場合は、クランクベイトやミノーを大遠投して一定層を引っ張ってくるという釣り方も効果的です。



つづく



バス釣り講座トップへこのページのトップへ
※前のページへ戻る時はブラウザの戻るボタンをお使いください。

バス釣りおみくじ

バスフィッシング入門

ブラックバスの生態
ブラックバスの生態(マニア編)
ロッド(竿)リールライン(糸)結び方
キャスティング(投げ方)
ストラクチャー(障害物)
ルアーの使い方リグ(仕掛け)
アタリとアワセ
よくある質問

季節ごとの釣り方

バスの釣り方総論
(春) 前期中期後期春に釣れるルアー
(夏) フローター夏に釣れるルアー
(秋) タ-ンオ-バ-秋に釣れるルアー
(冬) 釣り場チェック冬に釣れるルアー

ブラックバスを釣るコツ

Part1Part2Part3

みんなで作るバス釣り講座

Part1
バス釣りテクニックを募集中!

お役立ちツール

用語集単位換算ブラックバス問題
天気予報掲示板

サイト内検索

管理人のブログ

バス釣り講座 管理人のつぶやき